にきびケアの正しい洗顔方法

適切な洗顔をすることで皮膚のコンディションがよくなり、にきびを減らすことが可能であると言われています。けれども、洗顔を繰り返しやっていればにきびがなくなるという話では決してありません。1日に2~3回程度洗顔するようにしましょう。にきびケア洗顔のポイントはやさしく肌をいたわって洗うということです。最初は洗顔料を使わず、顔をぬるま湯でさっと湿らせてから、洗顔剤を使います。ふるま湯で軽く洗うだけでも、余計な油分や皮脂を洗い落とすことができます。素洗いの後、洗顔石鹸をよく泡立てます。うまくできない人は、泡立てネットを使って泡立てる洗顔方法がおすすめです。手の平いっぱいの泡ができたら、鼻やこめかみなど皮脂の多いところから順に泡をつけていき、優しく洗いあげます。強くこすると皮膚が痛んでしまいますので、そっと洗ってください。あごや首筋もにきびができますので、忘れずに洗います。洗い終わったらすすぎ残しのないようにぬるま湯できちんと洗い流します。タオルで顔をふく時は、顔の水分をタオルに吸収させるようなつもりで、顔をこすらないように気をつけるようにしてください。にきび予防に効果的な洗顔を行うためには、皮膚を絶対にこすらないことです。正しいにきびケアの洗顔を実践して少しでも早くにきびが改善すると良いですね。


ケア 肌

このブログ記事について

このページは、wineが2012年12月 3日 22:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「投資はギャンブルかどうか?」です。

次のブログ記事は「HLA遺伝子が男女の仲を決める」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ