出前授業の目的は

出前授業の目的は高校生達に福祉の仕事に関心を持ってもらい、将来の職業選択の一つと
して心に留めてもらうためのものだ。勿論高校卒業後、施設に就職してくれれば万々歳で
あるが、福祉系の大学や専門学校に進んでくれても良い。尤も、介護福祉業界は、もとも
と職員同士やご利用者との人間関係を円滑にこなすことが求められるし、介護技術の専門
化が進んだこともあり、むしろ高校生を採用しない施設は増えてきている。どうやらちょ
っと社会人経験を積んでから入った方がスムーズにとけ込めるようなのだ。筆者の幼い頃
は高校生といえば一人前のお兄さん、お姉さんのイメージがあったが、今時の高校生は実
に幼い。勉強はそこそこ出来ても、会話や仕草を観察していると中学生くらいにしか見えない。このことは、あながち筆者が年をとったせいだけではないであろう。生まれた時からIT機器に囲まれ、携帯電話とパソコンをおもちゃに育った彼ら若者は、コミュニケーションの術をろくに知らずにここまで来ているのだから。

斉藤学 FX

このブログ記事について

このページは、カクテルが2013年3月29日 18:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「HLA遺伝子が男女の仲を決める」です。

次のブログ記事は「アレルギーを起こす方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ