体脂肪率とは

体脂肪率とは、体に占める脂肪の割合のことをいいます。体脂肪率が適正量より増えると肥満であると言われます。正確な体脂肪率を測定するには、体脂肪計に乗らないとわかりません。肥満の場合、昔はただ単に体重計に乗り、体重を測って重さで判断していましたが、大切なのは体脂肪量だということが今はすっかり常識となっています。体脂肪率は、低すぎても高すぎても健康とは言えません。体脂肪率が極端に低いと、体温も下がり筋肉量も低くなりますし、女性は婦人科系にも影響を及ぼします。また、ボディラインは体脂肪率で決まります。同じ体重の人が並んでも体型が違うのは、体脂肪率が違うからです。わかりやすい例を出すとスポーツ選手があげられます。体に占める体脂肪率が低く、その分筋肉量が多いアスリートは体重は重たいです。これは脂肪よりも筋肉の方が重いからです。もしもダイエットをしたいのならば、体脂肪率を意識した方法を取らないといけません。また男性より女性の方が、体脂肪率は高くて水分を多く含んでいるため冷え性などの人が多いと言われています。


体脂肪 落とす

このブログ記事について

このページは、カクテルが2013年5月27日 16:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日経225平均株価はが2万円台に」です。

次のブログ記事は「不妊症の定義と原因」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ