2013年7月アーカイブ

のんびりできるホットヨガダイエット

あなたは、ホットヨガというヨガの種類を聞いたことがありますか?
ホットヨガは、あなたの知っているヨガを、
ちょっとした条件の下で行うヨガのことをいいます。
では、その条件とは何なのか?
それは、温度です。
普通ヨガをするときに、室温って気にしないと思います。
お風呂上がりのちょっとした時間とか、
テレビの前とかでちゃっとやっている人も多いのではないでしょうか。
ですが、ホットヨガは室温を39度程度に定めます。
39度という室温は、汗をじわっとかいてくる温度で、
それとともに筋肉を傷つけず、伸ばしやすくできる温度なんです。
この方法なら、普段汗をかきにくい人でも汗をかくことができるため、
代謝もアップできてダイエットとしての効果も大きいです。
ホットヨガは、ダイエットをするだけではなく、
汗を流すことで老廃物を流すことができて、美容効果もあります!
何より、激しい運動やストイックな食事制限をしなくても簡単に出来るのでとてもおすすめです!



東京ホットヨガ

ホットヨガで夏が涼しく感じる!?

去年も暑かったけど今年の夏もかなり暑い。
と言うか今年は気温が上がる時期が早かったように感じました。
毎日暑すぎて早くも夏バテ中の私なんですが、友人が涼しいとか言ってるんです。
感覚がおかしくなったのか?と思いましたが、彼女はホットヨガを習っているのです。
ホットヨガをやっていると、普通に40℃くらいの部屋に長時間いるから夏の暑さのほうが涼しく感じるらしいです。
この辺りはそこまで気温が高くないからかも知れないですけどね。
ホットヨガをやってると暑さに慣れてしまうということなのでしょう。
だから彼女は炎天下にいても全然平気そうな顔をしてるし、私と違ってあまり暑いと言わないのです!

クーラーもあまり使わなくなったみたいですよ。

私は昔一度だけヨガを体験したくらいなのでホットヨガがどんな感じなのかよくわかりませんが、レッスン受けてる人たちは夏バテする人もあまりいないんでしょうね。


暑いのにホットヨガなんて信じられないけど、夏バテしなくなるなら良いのかも知れないです。


ホットヨガ東京

ホットヨガに即効の効き目はない?

ホットヨガをし続けると、様々な効果があることが分かってきました。
目的によってかかる時間が違いますし、個人によってもかかる時間が違います。
そして、ホットヨガをつづけたからと言って必ず目的を達成できない可能性もあります。

ご存知のようにホットヨガのポーズをとると、
大量の汗をかきます。

そして、ヨガのポーズをとると集中しますので
ヨガ以外のことを考える余裕がありません。

なので、あなたが様々なことで悩んでいるのであれば
ホットヨガおすすめです。

いやなことを忘れ、いやなもの(老廃物)が無くなります。

ホットヨガをやった後、シャワーを浴びると、
爽快な気分を味わえます。

ストレス発散には、ホットヨガはもってこいですね。

ストレスが無くなり、または減少することで
毎日の生活に張りが出てきますので、
性格も明るくなること間違いなしですね。

ホットヨガを続けていくと、
更にいいことがあなたを待っているはずです。

体験者の声を聞けば、期待できるようですね。

期待できる内容は、ダイエット、アンチエイジング、冷え性、生理痛
お肌の荒れなどなど。

ホットヨガ東京



リバウンドのないダイエットは

リバウンドのないダイエットは
体が悲鳴を上げない方法であることが一番。
体が悲鳴を上げると、一時的に体重が減っていっても
すぐにリバウンドしたり、肌荒れなどのデメリットがでてきたりします。

一品ダイエットだったり、お薬のダイエット方法だったり
これらは体が悲鳴を上げると私は考えています。

体が悲鳴を上げないダイエット方法としては
食生活習慣を本来のものに戻すことをしたり、
適当なストレッチをしたりすることが本来のダイエット法ではないのか。

睡眠は十分にとり、食事は3度3度きっちり摂ること。

野菜を中心にメニューを考え、食べ方も野菜からスタートする。
よく噛んで食べることで、唾液が出て、胃腸にやさしい。

栄養分が取り易く、本来必要でないものは
素早く処理できる体になる。

激しい運動より、手軽にできるストレッチなどがいいです。
激しい運動だと、逆に体に良くないのです。

適度な運動として、最近はやりのホットヨガがあります。

ホットヨガをすると、激しい運動ではないのにもかかわらず
大量の汗をかくのです。

後は、食生活週間を変えるだけです。


ダイエット ホットヨガ

このアーカイブについて

このページには、2013年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年6月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ