チップもクレジットカードの時代に

先日テレビを見ていると、アメリカのタクシー
後部座席にクレジットカードリーダーが設置してあり
最初にチップの額を決めるようになっているのです。

現金で払う方がチップ安くつくと思った。

チップの最低金額が10ドル。
1$100円とすると、チップが1,000円です。

そのチップで私の使う駅まで行けます。

世界中チップと言う制度無くしたらいいのにと
いつも思います。

クレジットカードでチップを払えるのは
いいとは思います。

私は仕事でアメリカへちょくちょく行っていたのですが
いつもチップのこと、わずらわしかったですね。

その時もこの制度、チップのことですが
無くなったらいいのになあと。

チップはサービスを受けたお返しと言う意味があるので
クレジットカードで支払う。それも決められているというのは解せないですね。

アメリカも早く日本に見習わないといけない。

前職で添乗員をしていました。
ヨーロッパへ行くときも、中国へ行くときも
チップ制度があるのでわずらわしかったですね。


クレジットカード何がおすすめ大学生編

このブログ記事について

このページは、カクテルが2013年10月15日 16:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「金への投資を勧められたことがあった」です。

次のブログ記事は「ズバットとガリバーの特徴と評判」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ