同業者は敵か味方か?

普通に考えると、同業者は敵ですね。
が、もっと大きく考えると、
同業者は出来ではなく、仲間つまり味方として接する方が収益を伸ばしやすい。

一人より二人、二人より三人と増えていくと
意見が通りやすくなります。

そして、イベントなどの事業がやり易くなるのです。

同業者の方が中身わかりますので、
その点は何も感が無くても済みますね。

同業者で受け皿を作り、
対消費者や企業へどうどうとPRできるのです。

営業はしませんと。

相談を主にすることで、見込み客が来やすくする。
そして、最終的に顧客になればいい。

一生懸命営業して、勝ち取るより、
相談業務から契約につなげる方がスムースで
長く続くと思います。

自動車保険、火災、傷害、賠責、労災上乗せなどなど

特に我々の商品は、目に見えないので
大変です。

まさか自分が保険の営業に従事するとは考えていなかったが、
いつの間にか、保険の仕事をするようになったのです。

厳密にいうと近くの代理店は敵ですが、
マクロ的に考えると、近くの見込み客をごそっと取れる可能性があります。


自動車保険 乗り換え

このブログ記事について

このページは、カクテルが2014年1月 9日 16:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カレンダーを」です。

次のブログ記事は「自分の子どもなのに」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ