日本の弁当が世界に

日本のお母さんがつくる弁当がすごいことになっているそうです。
きっかけは日本の漫画だそうですが、
その漫画の中に出てくる弁当に注目が集まり、
更には、普通の主婦の作る弁当がブログ等にアップされたものを
諸外国の人が見て、日本人はすごい。弁当はアートだと。

お母さんたちは子ども達に苦手なものをどのようにして食べさせるかで
キャラ弁などを作るのです。
何も、世界の人に見せるためにしているのではなく、
近所の主婦に見せるだけなのです。

それが、インターネットで海外の人たちも気軽見えるので
それらのブログを発見した外国の人は驚いたことでしょう。

弁当と言う言葉が今や世界標準語になっているそうです。

日本では普通のことが、世界では普通でない事例の一つですね。

私もイギリス留学しているときに、ホームステイ先のお母さんが
日帰り旅行の時、持たせてくれたのが、お昼用の食べ物。

簡易な袋にパンやフルーツなどが入っているというもの。

私はパブに入ってビールを飲みながら、サンドイッチをいただいたのを覚えている。
もちろん、渡された食事はいただいたのちのことです。

渡された時の印象は、簡単な食事だなあと。




maestrofx マエストロFX

このブログ記事について

このページは、カクテルが2014年2月 3日 10:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「年金のお話し」です。

次のブログ記事は「新聞を読むことは常識」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ