幸せとは

あなたは幸せを感じるときはいつですか?
と聞かれたらどのように回答しますか?
幸せを感じることは、比較対象が必ずあり、
それと比べると、「幸せ」を感じられるのです。

20代の時、幸せを感じたのが
「おいしい食事をしたとき」とか、「彼女とデートした時」とか。

そんな時、不幸せを感じたときは、
彼女と別れたときとか、麻雀で負けたときとか
と言うたわいもない事。

今は結婚して、子どもも生まれ、
その子供たちが素敵に育っているのを感じるとき、「幸せ」と思う。

また、妻との仲が良好なときに幸せを感じます。

以前、収支バランスがすごく悪い時
不幸せと思っていたが、それは自分の責任。

今もそんなに状況は変わっていませんが、
考え方を変えることで、状況は一変した。

不幸せを感じることが無くなりました。
と言うのは、不安を作るのが、自分だと気が付いたのです。

なので、不幸せと思わなく、
悩むのをやめたことで、幸せを多く感じることができたのです。


TSPトップトレーダー育成パッケージ 三期生

このブログ記事について

このページは、カクテルが2014年2月12日 17:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新聞を読むことは常識」です。

次のブログ記事は「証券会社を手数料のこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ